著者プロフィール

ようこそ、このブログへいらしてくださいました。
ナツメといいます。
簡単な自己紹介をします。青森県の八戸市生まれ。年齢は団塊の世代の終わりのほうです。
自分の都合や夫の都合で、いろんなところに住みました。
そして、さまざまなできごとに遭遇し、いろんな人にも出会いました。
それが今の自分の宝になっており、断片的ですが、ちょこちょこと出てきます。

書くことは私のライフワークです。それで、小説に長いこと関わっていました。ドキュメンタリーや小説の新人賞とかに入賞の経歴があります。

このブログを始めてから、いろんな方から感想やら激励やら頂いてどうにか続けてくることができました。
ここ、静岡県に越してきてから、蓮華寺池公園の古墳の丘にいた猫たちのことが気になり、台風で荒れる日も、寒くて仕方がないときにも、餌やりや見守りに通った日々を綴ったのが旧ブログです。5年以上ものあいだ、猫たちは毎日、必ず待っていてくれました。

こちらの「猫と古墳と富士山と 2」のほうに切り替えてから少しして、母猫のまる子が里親のもとへと引き取られ、秋には、まる子の子供であるチビにも里親がみつかりました。

これからは家にいる保護猫のことや公園や近所の地域猫のこと、それに加えて日々の暮らしやできごと、世情のことなども書いていこうと思っております。
どうぞ、これからもごひいきに。