Cats

窓辺にいた猫が、めずらしく外に出ていた。

とてもスラリとした女の子。美形。

ああ、まる子もこんなにスマートになれたならと、ため息が出る。環境がちがいすぎるもんなあ・・・と思いつつ、今日もまたチビまる子のもとへ・・・。

まる子、いきなり、食い意地はりすぎだよ~。

まる子、これは誰にも渡さないぞ、という感じ。ひとりじめしてる。やっぱり、まる子、もう少し痩せなくちゃね。ご近所猫とはえらい違いだぜ。

持って行ったおもちゃがえらく気に入ったみたい。

チビは、食べ終えると、さっそく、あちこち動き回る。

さあて、どこ行こうかな。いつもと同じ道は飽きたし。

日暮れが早くなって、空は、まるで火事のように赤かった。

道の脇には、冬桜。

駐車場に戻る道には、なっちゃんがいた。あいかわらず人懐こくて、いろんな人に撫でられていた。

うちの庭には、餌もやらないのに、ノラがよくくる。それなりにみんなかわいい。そのうちの一匹。ロシアンブルーの系統みたい。誰かが、我が家の玄関先にたまに餌を置いて行く。それが目当てでくるようだ。どうして我が家なのか、よくわからないけれど。猫好きなことを知っているのかな。


ノラに餌をやるなという回覧板が回っているので、それで他人の家に餌を撒くのかな。まあどっちにしても、いろんな猫がくるのはおもしろい。糞を片付けるのは面倒だけれど。なんだか、私、他人のすることの後始末ばかりしてるみたいだなあ。

 

コメントを残す