縁結び猫

ときどき立ち寄らせてもらうお寺の猫たち。マリンは、ここがお気に入りのようで。まるで、縁結びのお手伝いをしているみたい。

水も、お地蔵様の前にある水を飲んでいる。

とらとマルはなにやら、話し合い。

ケージの中のワンコも興味深々。

この子は、体形もしっぽの長さも目つきもプリンによく似ている。

そしてそれぞれ、お気に入りの場所で、お昼寝。

蓮華寺池では、毎年恒例の蓮の刈り取り。昨日から、私も蓮華寺公園の丘参りに復帰。ひさしぶりのせいか、大きなマスクをかけているせいか、チビは距離をとりたがる。

でもすぐに慣れて、だいじょうぶかなあって顔で、近づいたり離れたり。

そんなチビをしりめに、まる子は穴に夢中。はまって出られなくなっては困るので、帰りがけ、穴に小枝を詰めたら、とても不満そうな顔でみつめていた。ごめんな、まる子。

そのうち、チビもやってきて、なにやら作戦会議。じつは、チビもまた、この穴に興味深々なのだ。眼を離すと、まる子は穴に詰めた枝などを掻きだし始めた。おいおい、やっぱりそこに入るつもりかい。チビならともかく、お前は自分の体形を考えないとなあ・・・。

まる子、最後まで不満顔。でも誰もいないときに、入ったはいいが、出られなくなったらどうするだあ。

退院して3日め。初めは坂をのぼるのが不安だったが、けっこう思っていたほどきつくはなく、丘にのぼるようになってから言葉を交わすようになった人たちともまた会えるようになった。縁結びをしてくれたのは、チビまる子。病室で寝ている時も、この丘にきたくてしょうがなかった。

あしたは、鈴木亮平に似ている医師のもとでの、術後最初の検診日だ。言われていたような、痛みも腫れもそれほどではないが、やっぱり少し不安だ。

 

 

 

コメントを残す