平安王朝の世界

蓮華寺池公園に隣接する文学館で、平安王朝文化展というのが催されている。おもしろそうなのでチビまる子のところに行く前に寄ってみると、なんとも豪華で圧倒され、つい、牛車にまで乗ってしまいました。

光源氏の邸宅、六条院も再現されている。

かの源氏物語の世界がつくられていて、その華やかさにぼうっとしてしまいましたが、この時代に生まれなくてよかったとも思いました。

なぜかって、この世界では、女性は美しくたおやかで、しかも若くなくてはならないのですから。もっとも、それは貴族の世界のことでしょうけれど。

上の高いところにいるのが、光源氏。彼のまわりにはいつも女性たちがいます。それゆえ、たえず女たちのせめぎあいの渦の中にあります。

もしも、その時代に生まれ、光源氏に会うチャンスがあったとしても、きっと御簾の陰に隠れ、遠いところから覗くことしかできなかったでしょう。

でも、恋しい人をただ漠然と待っているだけでは若さなどすぐにしおれてしまう。それで女たちは、あの手この手を使うわけです。

その時代の恋文はこんなふうにして、季節の花に結んで送ったんですね。胸がくすぐられるような風情があります。

手紙を季節の花に結び、相手に送る。人生を賭けるほどの思いが込められていたのではと、察します。

平安時代の女官たちの格好は、左から順に変わっていったようです。平安時代の初期は唐風で、遣唐使の廃止とともに日本独自のものへと変化していきますが、どれも、着るにしても動くにしても、とても大変そう。

こんな格好では、ああ、くたびれたから昼寝でも、などと気軽に横にもなれそうになく・・・。お風呂に入ること一つとっても、とても時間がかかりそう。眺めていても、そんなことばかり考えてしまい、貧乏性の性格が出てしまいました。

これは、貴族たちが乗ったという牛車のレプリカ。前のカーブしているところが、牛の首の付け根あたりに乗り、人間も一緒になって曳いている絵がありました。

レプリカといっても、中の飾りも外も本物そっくりに作ってあり、乗ることもできました。けっこうな高さがありまして、車輪の直径は170センチ以上はあるのではないかと。なので、乗ってみると、まわりを見下ろすという感じになります。

光源氏が牛車に乗って、元カノの家の前を通るとき、牛車の簾をあげ、そっと中を窺うという場面がありますが、この高さなら、きっと塀の中も見えたことでしょう。

外に出ると、池のまわりも春めいた空気に包まれていて、もうすぐ春だなあという陽気です。 

丘の上では、チビとまる子が、めずらしく崖の木の下で、待っていまして、「なにしてたのよ、遅いぞ」というような顔。道草くっちゃってゴメン! 

コメントを残す